トップページ>農園やにこ〜日記
梅の樹
農園やにこ〜日記
S.V.Menu
2010年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2009年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2008年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2007年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2006年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2005年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2004年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2003年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2002年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2001年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2000年
8月/ 9月
10月/11月/12月
やにこー日記
Back Number
栽培家から
ひとこと
ニコニコ 各画像をクリックすると スペシャルバージョン日記が見られます
このページに載ってない
秘密の写真が見られるかも!?
  2006年6月05日(月) ホームセンターに見る梅シーズン
ここは茨城県日立市のホームセンター、ジョイフル山新多賀店の梅コーナー。
「瓶」に「壺」に「重石」に「ざる」と、梅仕事の必須アイテムが並んでいます。
クローズアップしてみると、
見覚えのある画像が・・・。
あらら、月向農園じゃないですか!
作成されたのは、
梅コーナー担当の鈴木さん。
これだけ詳しい案内版がある
梅コーナーをはじめて見ました(^○^)
近くの方は、鈴木さんを訪ねてみよう!
  6月03日(土) 即効!スペシャルドリンク
ネット敷きの休憩に、
水筒から注いだのは
梅肉エキスと梅シロップの
ミックスジュース。

ミネラル補給と疲労回復に
やにこ〜効く
自慢のスペシャルドリンクです。

さぁ、次の畑に行こかーp(^^)P

  6月01日(木) ネット敷きスタート
この梅畑は30度近い傾斜なんだけど、そう見えないですよね。
右の青いカゴとか、油断するとけっこう転がるんですよ。
おっと!今日の主役は、
青いカゴじゃなくて青い地面ね。
今日から完熟梅用の
収穫ネットを敷き始めました。
除草剤を使わないので、
ネット敷きはこれからです。
もっと早く敷きたいのはやまやまなんですが、
草が伸びてネットを覆っちゃうんですよ。
  5月31日(水) 希望的予想
昨年の2倍の雨量とは、よく降りましたねー。
平年の半分の日照時間とは、
五月晴れよ、どこへいったー!
そんな、やにこー困った5月が終わりです。
終わったことは仕方がないので、
梅のためにも、
「6月は前半が空梅雨、後半が程よい梅雨」
になることを願い祈るのであります。
  5月30日(火) 定番とおためし
我が家の梅酒の定番といえば、ホワイトリカーに麦焼酎、それに黒糖焼酎。
この定番以外にも、毎年いろいろなお酒で試しています。
今年はどんなお酒で漬けようかと、思い巡らしていると、
知り合いの酒屋さんからお薦めのお酒2本が届きました。
純米原酒は、兵庫産山田錦100パーセントだそうで、
アルコール度数が20度と高く、
冷暗所でも保存ができるそうです。
原酒は初めてなので、やにこーワクワク(^○^)

もう一本は泡盛の久米仙。
これは昨年も漬けましたが、
かなり酔いが回る梅酒に仕上がってます。
その証拠に、味見した後この日記を書いているので
いつもに増して「しどろもどろ」なのね。

  5月29日(月) カニの神隠し
畑で捕まえてきたカニさん、
VIPな水槽(もとは虫かご)を用意されて
気分は良いのか悪いのか?
「良いわけないよな。
 仲間の所に早く帰りたいよね。
 まぁ、明日には返すから、
 一晩だけ神隠しにあったと思ってね」
  5月27日(土) スベリ止めを新調
「すみません。長靴ください。
   えっとマリンブーツタイプね〜!」

めったに農協で買い物はしないのですが、
畑用の長靴だけは別。
他の長靴も試してはみたものの、
やはりこの靴には敵いません。
なにが良いかというと、
傾斜畑でも、この靴なら滑って転ぶことが少ないのです。
「少ない」と書いたのは、それでも滑って転ぶことが
たまにあるということです(^_^;) 

  5月25日(木) 親子の関係
今年も梅蔵に巣を構えるツバメ。
4羽のヒナたちも、スクスク育っています。

親から子へ、口から口へ。
せっせと餌を運ぶ親と、
その親の顔を丸呑みしそうな勢いの子。

人間の親はスネをかじられますが、
ツバメの親は顔をかじられているようです。
巣立ちまで繰り返される、親子の関係に拍手!

  5月24日(水) 日照不足にヤキモキ
昨日の雨も上がり、今日はいい天気。
「染まってくれるのか、くれないのか?」
気になるというか、心配というか、
この天候にヤキモキさせられるのが
紅南高梅の出来具合。
お日様が当たっている実を見てみると
まだほんのり色づいた程度です。
日照不足の影響ではありますが、
その分気温が低く、実の生育も遅れているので、じっくり見守るほかありません。
Copyright(C) GEKKO FARM All rights reserved. Reproduction in any form prohibited.
月向農園のトップページへ戻る