トップページ>農園やにこ〜日記
梅の樹
農園やにこ〜日記
S.V.Menu
2010年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2009年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2008年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2007年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2006年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2005年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2004年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2003年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2002年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2001年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2000年
8月/ 9月
10月/11月/12月
やにこー日記
Back Number
栽培家から
ひとこと
ニコニコ 各画像をクリックすると スペシャルバージョン日記が見られます
このページに載ってない
秘密の写真が見られるかも!?
  2005年11月22日(火) うめたまご
梅酢を飲んで育ったニワトリが生んだ卵、それが「うめたまご」。
クエン酸やアミノ酸などが、豊富に含まれている梅酢ですから、
ニワトリ達の健康づくりにも役立つはずですよね。
県の広報誌を読むと http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/
ポイント1
夏、暑さでバテる鶏は産卵率が下がるが、
梅酢を飲んだ鶏は産卵率が良い。
梅干、梅エキスなどを食べる人が、
夏バテしないのと同じですね。
ポイント2
飲みはじめから1週間で鶏糞が変る。
それまでベチャッとしていたのがコロコロになって
臭いも減る。これも人と同じで、梅エキス、梅酒を飲むとウンチが変わります。
ポイント3
鶏を処理すると内臓までつやつやと美しく、皮にもハリと弾力がある。
しかも、肉質は脂身が抑えられてヘルシーに。
内臓美人は、美肌、老化防止にも繋がると言われていますからね。
ポイント4
卵は、産卵率・鮮度保持率・食味性などが向上。
すでに消費者からも「子どもがこの卵しか食べなくて」との反響。
なるほど!では、いただきま〜す(^○^)
  11月19日(土) 自然農園マップにつづきが・・・
地元新聞に農園の記事が掲載されました!
和歌山県南域で唯一、
自然農園マップに紹介されたことがニュースに。
詳しい内容はコチラ http://www.agara.co.jp/
他に特別なニュースがなかったのか、
想像以上に紙面に大きく載ったので、
やにこ〜恥ずかしかったです。
ところで、地方の新聞社が集まった
サイトをご存知ですか。
「今日のニッポン」 http://www.todays.jp/
地方ニュースを読むと、なんか和みます。
  11月15日(火) エコファーマー
「エコファーマー!エコファーマーはいかがですか〜!!」
環境や安全への意識の高まりから、
農家の間で、エコファーマー取得への掛け声が上がっています。
「エコファーマーってなに?」
「持続性の高い農業生産方式って?」
「具体的には?」
「どうすればエコファーマーになれるの?」
詳しくは、こちら・・・・ね。
なんかしっくりこないけど、
とりあえず、エコファームにチャチャチャ(^○^)
  11月14日(月) 中和が大事
この時期になると、
雪化粧したような梅畑がポツポツ見られます。
まるでグランドのライン引き粉を、撒き散らした様。

・・・って、実際にそうなのです。
白く見えるのは「石灰」。
酸性になりがちな土のPH(ペーハー)を、
中和するために、畑に撒くのです。

あら、人間の体と一緒ですね。
肉や白米、卵などで酸性に偏った体を、
アルカリ性食品の梅や昆布、大豆が
中和してくれます(^○^)

  11月12日(土) ひょーしょーじょー Part2
「ひょーしょーじょー。あなたは・・・・」

町の創意工夫展で入賞した娘の作品が、
今度は県で入賞してしまった。

もしかして、次は全国かも〜(^○^)

  11月08日(火) 帰ってきたミツバチ
こちら、とある梅畑です。
北海道ツアーを無事に終え、
ミツバチ達が帰ってきました。
あっ!今、巣箱から出てきました。
「ミツバチさん。
 帰ってきた感想を一言お願いします。」
『ブ−−ン・・・・。』
「あっ<長旅で疲れてるのに、
 カメラ近づき過ぎ・・・>ですよね (^_^;)。
 でもまぁ、ひとつだけお聞かせください。
 たまに独りになりたいと思うことありませんか?」
『ブ−−−−ン・・・・・・・・・。』
「野暮な質問すみません。
 <一匹で飛んでいるときは独り>ですよね。
 道草したり、サボったりしますよね。ミツバチだって。
 では、梅の花が咲くまで、ゆっくりお休みください。」
以上、とある梅畑からお伝えしましたー。


  11月07日(月) 秋の珍事
「海の方、なんか霞んでない?」
『うん、黄色く霞んでる。
 まさか今頃、黄砂じゃないよね?』
「ほら、ニュースに出てる!
 やっぱり西日本に黄砂だ。
 この時期は珍しいんだって。」
『エチゼンクラゲの大群は押し寄せてるし、
 それにこの黄砂!
 年々暖かくなる秋のせいかな?』
  11月06日(日) 東京スポーツより
10月26日付の東京スポーツ。
農園のHPでもお馴染み、
関根進氏のコラムに、
月向農園がチラリと登場(^○^)
コラムを読むと・・・
▼「楽しく食べることが一番大切な健康法」
そうですよね。毎日毎食、私も楽しく食べてます。
カミさんの料理に不平不満などありません。
▼「月向農園の梅干、メンバーの間で好評」 
梅達が皆様の健康のお役に立てれば幸いです。
  11月05日(土) 当選者の発表
目が回って迷子になった友達を、HPの中から探し出してくれてありがとう!
『ピンクのブタからプレゼント』当選者は・・・
おっと!その前に正解は・・・
http://www.minabe.net/map/04_1mukasi.html
です。なんと100トンの正解率!
そして当選者は、愛知県A・Y様に決定です。
おめでとうございます!ささやかなプレゼント、
中身は僕じゃなく、僕の好物をお贈りします。
ご応募くださった皆さま、どうもありがとう!
  11月03日(木) 予言の日
小学校から帰ってきた娘たち・・・
 「学校でね。11月3日に大地震が起こるって、
 みんな言ってる。大事な物をリュックに詰めなきゃ!」
情報通のおばあちゃん・・・
 「そーそー、聞いた聞いた!○○さんも言ってたで。
  なんや知らんけど、アメリカの大学を
  6歳で卒業した子供が予言してるんやて。」
発送お手伝い友人と、カミさんの会話・・・
 「隣町の人、いつでも逃げられるように、荷物を車に乗せているらしいでー」
 「そういえば、細○数子も3日か4日に何かが起こるって」
そして今日。運命の日・・・テーブルの下に娘たちのリュックはあるものの、
何事もない、やにこ〜穏やかな一日でした。
新聞を読む限り、この噂はみなべ周辺の局地的なものでした。ヤレヤレ。
http://www.agara.co.jp/DAILY/20051105/20051105_002.html
  11月02日(水) たも持ってきて!早く!!
ここで早押しクイズ!

部屋の中で「たも」を使って

捕まえたモノは何でしょう?

正解はこちら・・・

  11月01日(火) 自然農園マップ
ニュースなどで、政府系金融機関の統合が
政治課題として取り上げられていますね。
「おっ・・・今日は政治ネタ?」
いえいえ、その政府系の一つ、
農林漁業金融公庫が作った小冊子に、
月向農園が載ってますねん(^○^)
どこに置かれるのか知りませんが、
見かけたら覗いてみてください。
Copyright(C) GEKKO FARM All rights reserved. Reproduction in any form prohibited.
月向農園のトップページへ戻る